2008年10月17日

[お知らせ]刷り直し完了です!!

夏コミ新刊「使者は来たる、黒き夢より」、刷り直しました。
今回こそは大丈夫です。
と、いうわけでようやく通販開始いたします。

風帝国HP「月蝕・風華館」
http://www3.to/kazeteikoku/

通販ページのデータが色々ちと古いのですが、メールフォームなどありますのでご利用下さい。
新しい本のデータは以下の通りになります。
ページ数が減っていますが、改行などの本文レイアウトを変更した為です。むしろ、本文は少し増えていたりします……。
swn01.jpg
新書版/212P/FCカバー/オンデマンド/¥1000(15ミリ)
送付方法はクロネコメール便を利用、送料は160円となります。

冬コミに3巻発行、はちょっと厳しい感じになってきましたので、
夏コミの時にお知らせいたしましたキャンペーンは「3巻発行まで」に延長します。
(※3巻発行までの間に2巻をご購入いただくと、ちょっとお得な事があります)


夏コミで新刊をお買い上げの方へ

冬コミ会場で「夏に2巻を買いました」とご申告下さい。刷り直し版2巻を差し上げます。
しかし、まだ冬コミのスペースは未確定(11月上旬に判明予定)ですので、落選の場合は来夏以降になってしまう可能性を考慮いたしまして……
メールないしペーパー住所へご連絡を頂けました場合、送料をこちらで負担して本をお届けいたします。HPのメールフォームからでも構いません。
一番早く、確実な方法になりますので、どうぞご利用下さいませ。

今回の一件は、「Word入稿による、フォントの指定間違い」でした。
少し特殊なフォントを使用していたので、使用頻度の少ないフォントに関してはフォトショップの画像ファイルにしていたため、タイトルページや目次などに関しては問題なく刷ることができたのですが。
Wordのページにおいて、全てのフォント指定が逆になる、という現象が起こりました。明朝体で指定した本文は全てゴシック体に、ゴシックで指定した見出しの文字などは明朝体に。(ただし、あるページの5文字だけは、正しいフォントで、正しい指定で表示されていました)
その上、置き換えられたフォントは、私が入稿の際に添付したフォントとは違う字体のものでした。色々な方に見ていただきましたが、現在をもって置き換えられたフォントの名前は不明です。
入稿用のCDを使用して、別のパソコン(特殊フォントの入っていないもの)で開いてみたのですが、明朝指定→MS明朝へ置き換え、ゴシック指定→MSゴシックへ置き換えられ、入れ替わるようなことはありませんでしたし、CD内のフォントファイルをインストールした後は問題なく指定されたフォントで表示したのも確認しています。

いくら校正刷りのない同人印刷とはいえ、このミスはちょっといただけません。
印刷所でも原因を調べてくれたのですが、結果は「原因不明」との事でした。
返金か刷り直しかで交渉を始めて一ヶ月ほど。
両方の要求に対して、常に両方の回答をいただく事が出来、
またオペレーターの方と窓口の方、上の方と逐一連携をとって現状の報告をしていただけました。
少し返事は遅かったのですが、内容的には安心して交渉できました。
結果としては、ものすごく親切な対応をしていただき、こうやって無事に刷り直す事が出来ました。

私の後も数件、似たような事例があったそうです。
現在はどのような条件で「それ」が起こってしまうのかを究明中との事でした。

昔から憧れの印刷所だっただけに、このような縁の切り方はしたくなかったので、この対応には感謝です。
ただ、今後この印刷所へのWord入稿はしません……。
画像ファイル化か、紙ベースで入稿、という形で、またいずれ利用させていただこうと思います。
以上、夏コミの顛末でした。
posted by 冬靖楓 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。