2009年01月18日

[TRPG]遊びすぎかも知れません。

先週1/10と、先日1/17に2週連続でTRPGしてきました。
10日の方は初2.0GM、17日のほうは幾度めかの2.0PLとして参加。

10日は……集合の首謀者である私が遅刻してしまい、先に会場へ向かって貰うことに。
慌ててその後を追いかけて会場へ駆け込むと……そこに人の姿はありませんでした。
あれれ? と思って掲示板を確認。するとそこには!
<会場はどこですかー?>
<現在、リアル・シティアドベンチャー中>
という叫びが……!(笑)
8名もいて全員が道に迷うという、何というミスリード。
本来の会場とは、駅を挟んで反対方向に歩いてしまっていたということで、
ただでさえ駅から歩いて20分以上かかる会場だったのに、大変申し訳ないです。
無事に会場へ集合することができて、なんとかゲーム開始。

2.0GM感想。
戦闘バランスが恐ろしい!
今回は3人パーティで、リルドラケン(ファイター)、ドワーフ(スカウト)、ナイトメア(ソーサーラー)な組み合わせでしたが、リルドラケンがめちゃめちゃ強い。
人数が少ないからと、敵を少し弱めにしていたのですが、ラスボス戦闘なんてものの3ターン。
かといって敵を強めにすると、本当にPCを殺しかねないので、その辺りの見極めがまだまだ経験不足だなーと思いました。
それにしても、せっかく炎のトラップを仕掛けたのに……どうしてスカウトがドワーフなの……(涙)。
(※ドワーフは「炎の加護」があるため、炎によるダメージを受けない)

セッション後は冒険者の店っぽい英国風PUBでアフターでした。


17日はプレイヤーとして参加。初のマギテック/シューターに挑戦。
リルドラケン生まれのナイトメアにしたんですが、他の能力値は良いのに、生命力と筋力だけはダイスの出目が1とか2で貧弱な感じに……。
転んでいる相手に銃を撃っても外したりしてましたが、魔法ダメージ扱いだけあって、マギテックの攻撃は当たれば大きいです。しかも当たったときは結構な割合でクリティカルしてたりして。
「キャンペーンじゃないから、趣味に走っちゃえ」と「武器習熟/投擲」に投擲武器ブーメランとかを装備していましたが、これもそれなりに活用できて嬉しい次第。
ただ、その有様から「リルドラケン生まれじゃなくて、グラスランナー生まれに違いない」と出自を疑われていました(笑)。ちがーう! と反論すると、「キャラクターじゃなくて、プレイヤーがグララン生まれだ」とか「冬靖さんは職業がグラランなんだよね?」とか……失礼な!(笑)


さて、来週も実はTRPGです。
次は完全版でGM。1月は遊びすぎです……。


それから、以前の職場がなくなるということでぷち同窓会のよーなものを開催。
懐かしいメンバーに久々に会って、
メンバーの「今」をそれぞれに聞いて、
私もやる気を新たに。負けてられない。
その関連で初コストコ。
直径約9センチ
うっかり1ダース入りのマフィンを買ってきてしまい……
ただいま絶賛マフィン祭り開催中です。
12個で2000g。1個あたりのカロリーは教えないで下さい。
メリケンは怖い国です……。
posted by 冬靖楓 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

[TRPG]遊び倒してきました。

入稿が終わって以降、少し遊び歩いてます。
そろそろ冬の準備に本格的に取りかからないと、越冬できそうにないのですが!
とりあえず、閲覧者のほぼ全員をどん引きさせた自信のある鳥萌え日記以降の事でも。突っ込まれたから白状するけど、あれでも半分のボリュームに絞ったんですよ!!

連休1日目は、ソード・ワールド完全版のGMやってきました。
プレイヤーは、ブランクものすごく空いてる人×3と、TRPGはじめましてな人×2。
シナリオは8月にGM復帰戦をやった時と同じ物を使用。
一度やったシナリオだしなー、と思っていたら大間違い。
まるで違うルートを通って、起こすイベントもほとんど別。
さらには予定していた敵ではなくてランダムエンカウントのモンスターにひとりが散り、と波瀾万丈な展開になりました。
前回は開場時間の都合上、割と情報を多めに与えてサクサク進んでもらったのですが、
今回は逆の理由で、情報を小出しに。情報を求めて奔走するも、肝心な情報は集め損なったりしていて、GMは影でほくそ笑んでました。
これだからやっぱりTRPGは面白いなあと思います。

3日目は、別の場所でプレイヤーとしてソード・ワールド2.0のセッションに参加。
2卓のうち、ダイスの導きによって初の高レベルセッションに挑戦。
平均7レベルの冒険ということで、念願の「グラスランナーのグラップラー」を作りました。
素早くて非力な草原の妖精、グラスランナー。思ったとおり、グラップラー技能との相性はばっちりでした。
ただ、今回「投げ」→「追加攻撃:踏みつけ」のコンボが出来るように特技をとったのですが、出てきた敵は「部位4」のモンスター。な、投げられないよ……!(涙)
シナリオはダンジョンからの脱出ものだったのですが、グラランらしくひとりで先行して重要そうなメッセージ(知らない言語)を聞き流してみたり、別に持ち歩かなくていいアイテムをわざわざ持ち歩いてみたり、「遊戯室」と書いてある部屋の探索で6ゾロを出したり、頭にわざわざ「面白そうだから!」と付け加えてみたり、冒頭のシーンで手に入れたはずのヒントを終盤に思い出してみたりと大暴れしてみました。やっぱりいいなー、グララン。半分以上素なのは秘密です。
面白い仕掛け満載のダンジョンで、最後の最後まで仲間を信用できない展開にドキドキしながら参加していました(仲間が「本当に仲間」なのか、終盤まで分からない構成でした)。こういうのもアリなのかー! 目から鱗です。
あと、アイテムを手に入れる際の「試練」が、本当にプレイヤーが参加するリアルファイト(パズルとかミニゲームとか)で、これも大いに盛り上がりました。こういうのは本当、盛り上がるんですよねえ。
今回の旅の仲間は
・ドワーフ生まれのナイトメア♂(炎が弱点なのに、セッション中に2回も炎にまかれた)
・エルフ♀(アイテムなしの状態でスタートだったため、中盤まで妖精魔法使用不可にされた挙げ句、戦闘で死亡。穢れ1で復活)
・人間♂(筋力24。≪魔力撃≫の恐ろしさを実感しました)
・タビット♂(唯一のセージ持ち。おかげで言葉が読めたり話せたりとダンジョン内を安心して進めました。てか2.0、タビット以外プレイした事ないって一体……)
お疲れ様でしたー。


友人の結婚式に参列したり(ドレスお手製でした!)、英国風パブに行ったりと連休は盛りだくさんな感じでした。
夏コミの本も一段落したし、冬に向けて頑張ります。
posted by 冬靖楓 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

[TRPG]復帰戦。

実に数年ぶりなソード・ワールドRPG(完全版)のGM復帰戦を行ってきました。
結果は惨敗。学生時代のテストを思い出すほどの惨敗っぷり。
しかし、プレイヤーはプレイヤーで、GMはGMなりに楽しいのを実感しました。
TRPGやってる人ってMでSだよなあ(※褒め言葉です)、と痛感します(笑)。
昔GMやってた時よりは気持ちに余裕があったような気がします。年取って面の皮が厚くなっただけかも知れませんが。

ちなみに使用シナリオは「RPGツアー・オーファン」より「森の探索・再び」。
マップにちょっとした仕掛けをしておいたのが、思ったよりも好評で嬉しかったです。
しかしこのシナリオ、ヒントの出し方、それから出目によってはプレイ時間が軽く6時間超えとかありそうです。今回は会場が6時間きっかりのレンタルだったので、ヒントを少し多めにあげて3時間半くらいで終わらせましたが……。

失敗にめげず、次もGM挑戦しようと思う次第です。

今回の失敗談。
posted by 冬靖楓 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

[TRPG]コンベンション。

TRPG「ソード・ワールド2.0」発売記念、グループSNEのコンベンション(東京会場)に当選したので、遊びに行きました。


当日はえらい雨。めっちゃ雨。
ルールブックの発売は4/19でした。
すでに5月には某TRPGサークルにて2.0体験してきています。
(今年の春から、なんとかまたTRPGができる環境に身を投じる事ができましたーv)
今回は2回目のプレイですが、でも楽しみー♪ とワクワクしながら参加。
会場に入って一番に思ったのは「女性多いな」ってこと。
どの卓にもほぼ1名は女性がいらっしゃるような状態で、一卓5人なので、単純計算で女性参加率2割。
もともと、TRPGなんて趣味をやっていると、「男性ばっかの所に飛び込む」事に抵抗は薄くなるわけですが(もちろん、多いに越した事はないですが・苦笑)、この女性率は少し嬉しいかも。ていうか「飛び込み」に躊躇してたら、雑居ビルの上の方に店舗のある事のおおいイエローサブマリン(TRPGやらボードゲーム・カードゲームのお店)とかにすら入れないわけで。加えてゲーセンで格ゲーはまってたりした時期もあったので、なんかもうその辺はどんとこーい!な気分です。自慢できない……。
今回は「SW2.0」だけではなく、「シルバーレインRPG」というゲームとの合同イベントでした。卓はSW2.0:シルバーレインで2:1くらい。
明らかに会場配置図で「ステージ上」の位置に卓の案内があるなー、
会場のはじっこのほうで10名ほど所在なさそうに座ってるなー、
と思っていたら、
「開会式のあとにステージ上に卓を設置しますので、こちらでプレイして下さい」
その卓のGMはそれぞれのゲームのメイン開発者だったわけですが、なんだか羨ましくなかったです……(笑)
私はといえば、SNEの中の人のGMは外れまして、公認GMの方の卓で遊んでました。
やはり慣れてる方だけあって、とっても楽しかったです。N村さん、ありがとうございました!

ゲームの方はといえば、念願の新種族「タビット」をプレイしました。
とっても頭の良い、身長1メートル程の、洋服を着た、二足歩行の、……ウサギ。
かわいいー、かわいいよー!!
保有技能は完全に魔法使い系だったのですが、頭がよいので、サイコロの目がひどくても何とかなる……! すごい爽快感がありました。レベルの低いうちの魔法使い系って、なんだかいつも消化不良な感じだったのですが、これなら楽しめそう。
途中で炎に焦がされて、ダンジョンの中で香ばしいにおいを発したとか発しないとか(笑)。
6歳で成人、寿命は50歳という短命なタビット族ですが、過去の経歴を表で振ってみたところ、「引きこもっていた事がある」と。
ついでに年齢をダイスで決めてみたところ、12歳、と……。
一体何年間引きこもっていたのか、非常に気になる感じです。

ゲームのあとはトークショーとか抽選会とかもありました。
(抽選会ではサイン入りポスターが当たりました。ぅわーいv)
トークショーではゲームの開発裏話を聞く事が出来て、楽しかったです。
まだルールブックは8月の3冊目を残しているのですが、こちらも期待できそうな感じが伝わってきました。よーし、もう少し読み込んで2.0ももっと遊ぼうっと。無印SWも大好きなのですが、2.0は2.0で別の楽しみ方ができそうです。
タビットの魅力をもっと回りに広めよう。ルールブック2で追加された、SWの魂(笑)グラスランナーと共に。今回のグラランは、無印SWよりも凶悪っぽいですよー。
ともあれ楽しいイベントでした。ありがとうございました♪そして夏コミですが。
posted by 冬靖楓 at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。